ストレスや過剰な飲酒もつりを誘発する

血行不良が原因の場合、患部を温めることで、収縮した血管を拡げて血行を改善させ、症状を緩和することができます。
また、ストレスのほか、アルコールの摂りすぎなどもつりの原因となるので注意しましょう。
“ストレスや過剰な飲酒もつりを誘発する” の続きを読む

つりやすいときは温めるのが正解

血液中の電解質(ナトリウムやカリウムなど)不足や、疲労・加齢による筋肉、腱のセンサーがうまく作動しないことで、体のあらゆる部位がつりやすくなります。
そのときの対処としては、温めるのが正解です。
それにより、血流が増加するので、電解質がスムーズに筋肉へと運ばれ、筋の刺激を受け取るセンサーである神経活動を増加させることが期待できます。
お風呂に入る、タオルをお湯で温めたものを患部に当てるなどが有効です。
“つりやすいときは温めるのが正解” の続きを読む